コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方鉄道 チホウテツドウ

デジタル大辞泉の解説

ちほう‐てつどう〔チハウテツダウ〕【地方鉄道】

一地方内での交通の便をはかることを目的として、地方公共団体または私人が敷設した鉄道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地方鉄道【ちほうてつどう】

民営鉄道(軌道を除く)についての1919年から1987年までの法律上の呼び名。国鉄に対し,一地方の交通を目的とするものであるために名付けられ,株式会社などの民営のほか公共団体の設けたものもあった。
→関連項目軌道(鉄道)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちほうてつどう【地方鉄道】

日本の民営鉄道で,主として道路に敷設されるもの(路面電車など)を軌道といい,それ以外のもの(原則として道路外に敷設)を1987年まで地方鉄道と呼んでいた。地方鉄道業を営むには運輸大臣免許が必要であり,運賃,運転速度など一定の事項については認可が必要であった。地方鉄道の軌間は1067mmまたは1435mm,762mmを原則とした。また地方鉄道は人力,馬力等を動力とすることはできなかった。87年の鉄道事業法の施行により,旧国鉄も地方鉄道も同じ鉄道事業法で規制されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地方鉄道
ちほうてつどう

地方鉄道法(大正8年法律第52号)の規定に基づいて、地方公共団体または私人が一般公衆の利用のために、運輸大臣の免許を受けて敷設した鉄道。軌道と異なり、特別の場合を除き道路上に敷設することはできなかった。1987年(昭和62)の地方鉄道法の廃止に伴い、地方鉄道という法制上の用語はなくなった。現在は、JRグループ、大手私鉄、準大手私鉄、公営鉄道を除く鉄道の総称として用いられることがある。[新納克広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

地方鉄道の関連キーワード富山地方鉄道富山市内軌道線アルプスエキスプレス富山県中新川郡舟橋村富山地方鉄道不二越線富山地方鉄道上滝線富山地方鉄道立山線富山地方鉄道本線富山ライトレール有峰県立自然公園地獄谷[温泉]鐘釣[温泉]スキーリフト富山地方鉄道三鬼 鑑太郎地方公営企業宇奈月[町]宇奈月温泉黒部[市]鉄道抵当法滑川[市]

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地方鉄道の関連情報