コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外資導入 ガイシドウニュウ

デジタル大辞泉の解説

がいし‐どうにゅう〔グワイシダウニフ〕【外資導入】

外国から資金または財貨導入すること。技術導入株式投資・貸付投資などの形で行われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

外資導入【がいしどうにゅう】

国内資本の不足を補うために外国資本を導入すること。貸付金(政府・民間借款),外債株式取得などの間接投資および技術導入による技術投資,合弁会社設立などの直接投資に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がいしどうにゅう【外資導入】

外国からの資本輸入のことで,国際資本移動を資本受入国の立場からみた用語。具体的には,非居住者(外国人投資家)による株式・持分公社債受益証券など証券に対する投資=証券投資(〈間接投資〉の項参照),国内企業等による外債の発行または海外における株式の発行,外貨借款,技術導入,外国企業等による支店の設置,不動産の取得(〈直接投資〉の項参照)などがあげられる。日清戦争後,日本は外資導入を積極的に進める方針をとり,外国公債をイギリス,ドイツ,フランス,アメリカで発行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外資導入
がいしどうにゅう

一般に国際間の資本移動を資本受入れ国の立場からみたときに外資導入という。導入の形態は、経営参加ないし企業支配を伴うかどうかによって、直接投資と間接投資とに分けられる。直接投資には、子会社・支店ないし合弁会社の設置、株式の経営参加的取得、技術の移転などが、間接投資には、証券投資、外債、金融機関による貸付(借款を含む)などがある。外資の導入に際しては、各国とも自国の状況に応じて、法令、条約などによって一定の制約を設けることが多い。しかし、経済協力開発機構(OECD)は1961年に資本取引の自由化を含む自由化綱領を採択し、加盟先進国は、外資導入に対する制限をしだいに撤廃してきている。[相原 光・秋山憲治]

日本における外資導入

第二次世界大戦後、日本は外資による国内企業と市場との支配を避けるため、間接投資は促進するが直接投資は規制するという政策をとり、1949年(昭和24)制定の「外国為替(かわせ)及び外国貿易管理法」(外為(がいため)法)と1950年制定の「外資に関する法律」(外資法)とによって運用を図ってきた。日本における第二次世界大戦後の外資導入の特徴としては、戦前の外債発行による政府部門中心の外資導入に比して、民間部門が圧倒的比重を占めていることがあげられる。日本は、1964年にはOECDに正式加盟することとなり、資本自由化を義務づけられることになった。さらに、多国籍企業の活動の活発化を背景としてアメリカが資本自由化を要求したこと、高度な技術導入には直接投資の形態を外国企業が要求したことなどが強く作用して、1967年から段階的に資本の自由化を実施することとなった。その結果、1973年までに農林水産業、鉱業、石油業、皮革または同製品製造業、小売業を除いて原則として100%自由化が行われ、さらに1975年には小売業も自由化された。また1980年には外為法の改正によって外資法はこれに統一され、直接投資はこれまでの認可制から届出制となり、「原則自由、例外禁止」となった。1998年(平成10)4月には「外国為替及び外国貿易法」(改正外為法)が新たに施行され、届出制から事前の規制を受けない事後報告となった。その結果、外国為替取引がまったく自由になり、日本版金融ビッグバン(金融システムの大改革)も本格化し、外資による対日投資が急増した。[相原 光・秋山憲治]

開発途上国における外資導入

外資導入がもっとも問題になっているのは開発途上国においてである。第二次世界大戦後独立を達成した開発途上国の多くは、経済開発を進めるには資本や技術が著しく不足していた。したがって外資導入を積極的に進める政策をとったが、これらの外資導入は、多くの場合、先進国からの企業進出を中心とする直接投資の形態をとった。このように先進国からの企業進出が多くなるに伴って、当然ながらこれらの国々におけるナショナリズムも高まりをみせるようになり、受入れにあたって、一定の国産化率を条件としたり、経営参加を要求したりすることが多くなってきた。さらに1970年代になると、開発途上国の間に新国際経済秩序を目ざす動きが強まり、1974年に国連総会で採択された「国家の経済権利義務憲章」は、外国人資産の国有化、収用、または所有権の移転、外国投資の規制、多国籍企業の活動の規制などを国家の権利として認めた。しかし1980年代以降、開発途上国の開発政策が内需拡大などの内向的なものから、輸出指向的工業化など外向的なものへと転換され、外国投資の導入にも積極的になり、優遇措置を講ずるようになった。また先進国でもアメリカ、イギリスの諸州、諸県にみられるように、地域の産業の活性化、雇用の促進の手段として、積極的に外国企業を誘致している。ただその場合もローカル・コンテンツ(現地調達)規制のような制限をする傾向がある。[相原 光・秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の外資導入の言及

【国際資本移動】より

…国際資本移動はしばしば,国際投資,外国投資,対外投資,資本輸出,資本流出等とも呼ばれる。資本受入国の側からの表現では,資本輸入,資本流入となり,また外資導入ともいう。ある国の1年間の資本の総輸出額が総輸入額を上回ればその国を資本輸出国と呼び,総輸出額と総輸入額との差額を資本の純輸出額(マイナスならば純輸入額)という。…

※「外資導入」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外資導入の関連キーワードキリスト教民主国民党[ハンガリー]社会主義労働者党[ルーマニア]ロバート・G. メンジーズシャントウ(汕頭)特別市中部アフリカ関税経済同盟グエン・ミン・チェットオーバー・プレゼンスF. ウフェ・ボワニ中外合資経営企業法満州重工業開発会社日本興業銀行[株]アユーブ・ハーン外資に関する法律カルロス ラヘサリット・T.フロンディシ特区と新特区外資系企業メンデレス西部大開発

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外資導入の関連情報