コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道荷物 てつどうにもつ

世界大百科事典 第2版の解説

てつどうにもつ【鉄道荷物】

鉄道により輸送される少量物品をいい,日本国有鉄道では手荷物小荷物,新聞・雑誌,郵便物を取り扱ってきた。手荷物とは,旅客の旅行に必要な物品で車内に持ちこめないものを託送するもので,乗車券を呈示することにより一般の小荷物より割安な運賃となっており,旅客とほぼ同時期に到着するものであった。小荷物は手荷物以外の一般荷物で,1個の重さ30kg以内となっていた。鉄道荷物は一般に客車便と呼ばれ,古くは旅客列車に連結された荷物車により輸送がなされたが,その後は荷物専用列車などによるものが多くなり,また大都市周辺ではトラック輸送によるものも多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉄道荷物の関連キーワード天野 辰太郎天野辰太郎車扱貨物宅扱い

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄道荷物の関連情報