コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道貨物輸送 てつどうかもつゆそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄道貨物輸送
てつどうかもつゆそう

鉄道による貨物輸送は,自動車の普及に伴い,ドアツードアのサービスが可能なトラックの全盛時代を迎え,陸上貨物輸送に占める比率を下げてきたが,公害問題や交通渋滞が深刻になったことや,国土交通省のモーダルシフト政策により,新たな工夫を加えられるようになった。トラックごと荷物を集配地から配送地の駅まで運ぶピギーバック輸送やコンテナ輸送,パレット輸送などがその事例である。さらに日本貨物鉄道 (JR貨物) では,効率化のため長さ 1kmに及ぶ貨物列車の研究を進めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鉄道貨物輸送の関連キーワードジャージー・シティ日本貨物鉄道[株]コンテナー輸送駅(鉄道)鉄道連絡船車両工業鉄道貨物通運事業武蔵野線通運業鉄道貨車

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄道貨物輸送の関連情報