コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛丹色 えんたんいろ

2件 の用語解説(鉛丹色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

えんたんいろ【鉛丹色】

色名の一つ。光明こうみょう丹ともいう。JISの色彩規格では「つよいみの」としている。一般に、やや赤みを強くしただいだいのこと。鉛丹は赤色の無機顔料で、酸化鉛を空気中で熱してつくる。主成分は四酸化三鉛。の錆び止め塗料、陶磁器上薬鉛ガラスなどの原料などに利用する。最古の顔料の一つとして知られ、日本でも正倉院に保存されている。また、丹色は一般に赤土の色をさす色名で、この四酸化三鉛の色をいうことが多い。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えんたんいろ【鉛丹色】

鉛丹のような色。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉛丹色の関連キーワード光明真言光明丹粟生光明寺巧妙光明光明供光明子光明遍照金光明最勝王経金光明四天王護国之寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone