鉛丹色(読み)えんたんいろ

色名がわかる辞典の解説

えんたんいろ【鉛丹色】

色名の一つ。光明こうみょう丹ともいう。JISの色彩規格では「つよいみの」としている。一般に、やや赤みを強くしただいだいのこと。鉛丹は赤色の無機顔料で、酸化鉛を空気中で熱してつくる。主成分は四酸化三鉛。の錆び止め塗料、陶磁器上薬鉛ガラスなどの原料などに利用する。最古の顔料の一つとして知られ、日本でも正倉院に保存されている。また、丹色は一般に赤土の色をさす色名で、この四酸化三鉛の色をいうことが多い。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android