コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤土/赭土 アカツチ

百科事典マイペディアの解説

赤土【あかつち】

腐植層の薄い暗赤色〜赤褐色の火山灰土や,関東ローム層のような風化火山灰層に対する俗称赤色土(せきしょくど)をさす場合もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかつち【赤土】

ふつう火山灰土壌の表層の黒土(くろつち)と対応させて,有機物の少ない明るい褐色の心土を指していう。地方によりアカノッポ,アカオンジ,アカホヤなどさまざまに呼ばれ,また表層地質学の分野ではローム(層)と呼ばれることも多い。一般に鉄分に富む塩基性の火山灰ほど赤みがつよい。同じ火山灰から表層の黒土,下層の赤土と分化することもあるが,現世に発達した黒土層に埋もれた更新世の火山灰風化物である場合も多く,旧石器時代の遺物はそうした赤土層から出土する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきど【赤土】

赤地せきち 」に同じ。
あかつち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤土
あかつち

関東ローム層で代表される日本の火山灰の分布地帯で、地表の黒土(くろつち)の下にある褐色の土層。表土の黒さと比べて、明るい赤みを感じさせるために、古くからこの土層は赤土とよばれてきた。火山灰の分布する関東、東北、中部、九州、北海道の各地方で赤土といえば、耕地の下層土や道路わきの切り通しにみられる褐色の緻密(ちみつ)な土壌をさす。粘土粒子が多くかつ含水比が高いので、直接地表に露出している場合は、雨後のぬかるみや強風時の塵害(じんがい)の原因となる。赤み(実は褐色)の根源は火山灰の風化生成物としての酸化鉄にあり、粘土質の由来は火山ガラスや火山岩片の変質した二次鉱物(主としてアロフェン)の微粒子による。
 火山灰起源の土壌でなくても、その上下の層や隣接地にある灰色や淡黄色の土層に比べて褐色または赤色を帯びる場合は、やはり赤土とよばれることもあるが、いずれにせよ赤土の呼称は学問的に定義づけられたものではない。一方、西南日本とくに東海、中国、北九州、沖縄などに分布する「赤色土」や「黄色土」は、火山灰地帯のいわゆる赤土よりも赤みが強く、亜熱帯気候下で長期間を経て生成した土壌であり、火山灰起源ではない。熱帯地方のラテライト性土壌に近い成因をもち、土壌学的に定義された類型に属している。
 砂質地における客土材料や、盆栽などで使われる赤土には、粘土質に富む火山灰起源の土壌が供与される。[浅海重夫・渡邊眞紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤土/赭土の言及

【ローム】より

…日本では,明治初年に関東地方の台地に分布する手ざわりが壌土質である風化火山灰を関東ロームと呼んだのに始まり,ロームといえば火山灰の風化物,とくに黒土の下方に現れる明るい褐色の風化火山灰層をさすようになった。立川ローム,武蔵野ロームなどと呼ばれるのがそれで,この場合,赤土と俗称されるものとほぼ同義である。一方ヨーロッパでは,ローム化ということばが風化・粘土生成とほとんど同義に用いられる。…

【明治・大正時代美術】より

…帝展に工芸部が設置された27年ころは彼らの活動も高揚し,この年,北原千鹿を中心にして,信田洋(のぶたひろし)(六平,1902‐90),山脇洋二(1907‐82)らの金工家が集まって工人社が結成された。また,京都でも1920年に楠部弥弌(くすべやいち)らによって,前衛的な作陶家集団赤土が結成されている。 ただし彼らの作品は,当時すでに洋風の建築や室内装飾に移植されていたアール・デコや構成主義の様式に強く影響されていた。…

※「赤土/赭土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤土/赭土の関連キーワードブキャナンのラテライト高知県高岡郡佐川町丙たたき(三和土)八百丹・八百土能登赤土馬鈴薯クレーコートアルハンブラハナペペ渓谷捏ねくり返す八百丹よしばっしょん埴生の小屋岡崎 熊治楠部弥弌楠部彌弌赤土煙草水府煙草高麗青磁岡崎熊治クナワラ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android