コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛青銅 なまりせいどうlead bronze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉛青銅
なまりせいどう
lead bronze

鉛は銅にほとんど固溶せず低い融点を保つ。このため銅合金に鉛が加わると偏析,逆偏析が起りやすいが,反面,鋳造性,切削性はよくなる。鉛青銅はスズ 4~11% の普通青銅に鉛 2~6% を加えたもので,鋳造して軸受合金に用いられる。硬い δ 相 (電子化合物 Cu31Sn8 ) が析出して回転軸を支え軟らかいα相が油回りをよくするからである。スズを減じ鉛を増量するとケルメットといわれる軸受合金になる。日本の昔の銅鐸,金銅仏像などは多く鉛青銅に類似の材質である (→青銅 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鉛青銅の関連キーワード複合金属材料

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android