コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軸受合金 じくうけごうきんbearing metal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軸受合金
じくうけごうきん
bearing metal

機械の回転軸の支持合金材料。荷重に耐え,軸とよくなじみ,油もちがよく,潤滑油による腐食がなく,摩擦発熱が少いことを条件とする。組織は一般に軟らかい地に硬い粗大な結晶粒の分布したものがよい。軟らかい地が多少摩耗でへこむために油もちがよくなり,荷重を受ける硬い結晶粒と軸の間をよく潤滑するためである。材料としては銅系 (ケルメット) ,スズ系 (バビットメタル) ,系の合金が主流であるが,カドミウム系,亜鉛系,アルミニウム合金も使われる。鉛,スズなど低融点金属系の軸受合金はホワイトメタルと総称される。このほか注油を要しない含油軸受や鉄系の軸受 (軸受鋼) もある。鉛系合金の軸受はやや少くなっている。最近は粉末冶金法で硬質の材料を軟質金属地に分散させたものも製造使用されている (→複合金属材料。粉末冶金) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じくうけ‐ごうきん〔ヂクうけガフキン〕【軸受(け)合金】

平軸受けに用いられる合金。耐磨耗性が大きく熱伝導性の高いホワイトメタルなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

軸受合金【じくうけごうきん】

すべり軸受に用いる合金。耐摩耗性が大きく,荷重と衝撃振動に耐える強度・粘性をもち,摩擦係数が小で,摩擦熱を放散するに足る熱伝導性などが要件。荷重・回転速度など使用個所の条件に応じ種々の合金が選択されるが,おもなものに,銅系では砲金ケルメットなど,スズ系ではバビットメタルなどがあり,スズ・鉛系ではホワイトメタルと総称,鋼・砲金の台金に内張りして用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じくうけごうきん【軸受合金 bearing metal】

軸受には大別して,ころがり軸受とすべり軸受とがある。ころがり軸受の球などの材料は軸受鋼が用いられ,熱処理して硬くして使用する。これに対して,すべり軸受は比較的軟らかい非鉄合金で作られる。この材料が軸受合金である。すべり軸受は軸と接触しながら高速で互いにすべっており,接触圧力に耐え,摩擦係数が小さくて,耐摩耗性がよく,軸とよくなじみ,しかも焼き付かず,摩耗粉や異物が入りこんだ場合には素地金属の中に埋没させ,潤滑油とよくなじむなどの軸受性能を発揮するものでなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軸受合金
じくうけごうきん
bearing metals

回転する軸を固定した面で支持する平軸受に使用される合金。熱伝導性がよく、熱膨張率が小さく、圧縮強さ、高温硬さなどの大きいことが要求される。長時間使用に伴い摩耗するので定期的に点検、調整、交換する必要がある。この種の合金は鋳造材と焼結材に分類される。鋳造材は古くから使用されているもので、硬質母相にきわめて軟らかい相が分散している。その代表例はホワイトメタルと称される鉛、アンチモン、ビスマス、スズ、カドミウム、亜鉛などを含む低融点の白色合金(バビットメタルとよばれるものがその一例)である。そのほか鉛を25~40%含む銅‐鉛鋳物や砲金(亜鉛1~9%、スズ10%の銅合金)もよく用いられる。比較的近年になって用いられるようになった軸受に含油型焼結材がある。これは青銅(スズ約10%含有銅合金)粉末あるいは鉄(炭素約3%含有)粉末を焼き固め、その空隔部に潤滑油を15~30体積%しみ込ませたものである。その強度も比較的高く、油を注ぎ足す必要がないので、給油困難な場所、油の飛散を避ける必要のある場所などに使用される。[及川 洪]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

軸受合金の関連キーワードモネルメタルタリウム焼結合金減摩合金鉛青銅鉛合金ヒ素

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android