コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱産物生産・輸出能力維持制度 こうさんぶつせいさん・ゆしゅつのうりょくいじせいどSystem for Mineral Products; SYSMIN

1件 の用語解説(鉱産物生産・輸出能力維持制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱産物生産・輸出能力維持制度
こうさんぶつせいさん・ゆしゅつのうりょくいじせいど
System for Mineral Products; SYSMIN

ECと ACP (アフリカカリブ海太平洋地域) 諸国間のロメ協定における1次産品に関する制度の一つ。呼称はシスミン。 1979年 10月に締結された第2次ロメ協定で,従来の協定では対象外とされていた鉱産物について,輸出所得安定化制度 (STABEX) を補完するものとして設けられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鉱産物生産・輸出能力維持制度の関連キーワードパナマ運河アシルキャリヤータンパク質リカルデント

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone