コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空中指令機 くうちゅうしれいき airborne command post

1件 の用語解説(空中指令機の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くうちゅうしれいき【空中指令機 airborne command post】

略称ACP。有事の際に空中で待機し,地上の指揮所が破壊された場合,搭乗している指揮官,幕僚および操作員が,代替指揮所の機能を果たせるように必要な器材を搭載した大型航空機。全面核戦争時に戦略軍を指揮する国家レベルの指令機から,一地域の戦闘を指揮する指令機まで各レベルのものがある。いずれも空中にあることにより,核攻撃による被害をこうむりにくいことと通信のカバーする領域が拡大される利点を活用したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

空中指令機の関連キーワード空中戦有事ACP空中機動シルバーホテル遊軍有事のドル買い(売り)日米間の密約待機水面エアターン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone