コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀林浩 ぎんばやし こう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

銀林浩 ぎんばやし-こう

1927- 昭和後期-平成時代の数学者,数学教育運動家。
昭和2年8月9日生まれ。遠山啓(ひらく)とともに考案した四則計算の指導体系「水道方式」を提唱,その普及につとめる。昭和37年日大講師を退職して明大にうつり,44年教授。55年数学教育協議会委員長。東京出身。東大卒。著作に「こうすれば算数数学がわかる」「どうしたら賢い子に育てられるか」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

銀林浩の関連キーワードモルゲンシュテルン(Oskar Morgenstern)ガウス(Karl Friedrich Gauss)ゲームの理論

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android