コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水道方式 スイドウホウシキ

3件 の用語解説(水道方式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいどう‐ほうしき〔スイダウハウシキ〕【水道方式】

算数教育における指導方式の一。最も標準的な問題を先に学習させ、しだいに特殊な問題を解答させていく、筆算中心の学習方式。「一般から特殊へ」の方針を、上水道貯水池から給水系統に分かれていくことにたとえた呼称。昭和33年(1958)ごろから遠山啓(ひらく)らが提唱。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいどうほうしき【水道方式】

学習指導の方法で、複雑な構造のものを基本的な要素に分解し、その要素から複雑な構造を明らかにするもの。特に算数で、一般的な問題から学習させ、次第に特殊な問題へと移っていくもの。上水道が水源地から次第に分かれ、家庭へと至ることにたとえていう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水道方式
すいどうほうしき

1958年(昭和33)から1960年にかけて、東京工業大学教授遠山啓(とおやまひらく)、明治大学教授銀林浩(ぎんばやしこう)らを中心として数学教育協議会の人々によって考案された、整数、小数、分数の四則計算の指導体系である。その基本的原理は次のようにまとめられる。(1)おのおのの計算指導において、まず「素過程」とよばれるもっとも単純かつ基本的な型の計算の指導を行う。次に(2)素過程を組み合わせた、一般的で典型的な複合過程の型の計算の指導を行う。ついで(3)特殊な典型的でない「退化型」とよばれる型の計算の指導を行う。(4)各型の計算指導は「一般から特殊へ」という順序で進めていく。
 このような水道方式に対しては、易から難への順序になっていない、小数・分数の指導体系は複雑で有効でない、などの批判もある。しかし、水道方式が当時の計算指導の問題点の解決に寄与した面は多々あり、その考え方のいくつかは今日かなり広く実施されるようになってきている。[中原忠男]
『遠山啓編『算数に強くなる水道方式』(1961・国土社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水道方式の言及

【数学教育】より

…その後,68年の学習指導要領には集合,関数,確率など現代数学の基礎概念がとり入れられたが,77年の改定ではその一部は〈基礎的・基本的ではない〉として,おもに中学校段階で削除されるにいたった。このように数学教育の現代化は曲折をへてきたが,戦後日本の数学教育界に提起され注目をひいたものに〈水道方式〉と〈量の理論〉がある。前者は,明治以来の〈数え主義〉に反対して量にもとづく数概念を確立することをめざし,暗算ではなく十進構造による筆算を中心とした指導法を体系化したものである。…

【読み書きそろばん(読み書き算盤)】より

…これに対して同じく50年代後半以降,子どもの認識の発達と言語学・数学など教科の基礎にある諸科学の研究成果に依拠して,教育方法の研究がすすめられるようになった。たとえば計算については数学教育協議会(委員長,遠山啓)が複雑な計算過程をもっとも単純な計算過程に分解し,それを結合してもっとも典型的な複合過程をつくり,そこからしだいに典型的ではない複合過程に及ぼしていくという計算指導の方式(〈水道方式〉と呼ぶ)をつくりあげ,子どもと教師に歓迎された。読み書きそろばんは基礎学力であるという一句に安住せず,読み書きそろばんのうち何がもっとも重要な内容であり,それをどう教えるのがよいかについては不断の研究が必要である。…

※「水道方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone