コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀鮒 ギンブナ

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐ぶな【銀×鮒】

フナの一亜種。全長約30センチ。体高やや高く、側扁する。背面は緑褐色、側面から腹面は淡い銀白色。日本各地に分布。食用。まぶな。ひわら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎんぶな【銀鮒】

コイ目の淡水魚。全長約25センチメートル。フナの仲間で、体高がやや高く側扁する。体色は銀白色を帯び、背は暗灰褐色。全国の河川や湖沼に広く分布。マブナ。ヒワラ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

銀鮒 (ギンブナ)

動物。コイ科のフナの一亜種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

銀鮒の関連キーワードフナ(鮒)ヒワラ淡水魚マブナ動物湖沼体色