コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅烏幢 ドウウドウ

デジタル大辞泉の解説

どうう‐どう【銅××幢】

元旦の朝賀や即位礼のときなどに、紫宸殿(ししんでん)南庭に、威儀を加える用具として立てた(はた)。高さ3丈(約9.1メートル)の柱の上に、金盤蓮華座を重ね、その上に金銅の3本足の烏(からす)を据え、その下に玉7旒(りゅう)を垂れ下げる。銅烏の幢。烏形幢(うぎょうどう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

銅烏幢の関連キーワード紫宸殿

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android