コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋤彫 すきぼり

1件 の用語解説(鋤彫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鋤彫
すきぼり

金属工芸の彫金技法の一つ。金属板に特殊な鏨 (たがね) を寝かせて用いて素地 (きじ) を鋤取るように彫り,文様が浮彫になるように彫り描く技法。江戸時代装剣金具の製作などに応用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鋤彫の言及

【彫金】より

…三重金剛証寺の《阿弥陀三尊来迎図鏡像》はその典型的なものである。〈鋤彫(すきぼり)〉は,先が平らな鏨で平に鋤(す)きとるように彫る技法。地を一段深く彫り下げたり,文様の外周を残してその外を鋤き下げ,文様を浮き出させる。…

※「鋤彫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鋤彫の関連キーワード高肉彫鍛金鎚起電気盆木鏨金属性瓦棒葺き金属工業田中貴金属工業東海金属工業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone