コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋤彫 すきぼり

1件 の用語解説(鋤彫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鋤彫
すきぼり

金属工芸の彫金技法の一つ。金属板に特殊な鏨 (たがね) を寝かせて用いて素地 (きじ) を鋤取るように彫り,文様が浮彫になるように彫り描く技法。江戸時代装剣金具の製作などに応用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の鋤彫の言及

【彫金】より

…三重金剛証寺の《阿弥陀三尊来迎図鏡像》はその典型的なものである。〈鋤彫(すきぼり)〉は,先が平らな鏨で平に鋤(す)きとるように彫る技法。地を一段深く彫り下げたり,文様の外周を残してその外を鋤き下げ,文様を浮き出させる。…

※「鋤彫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone