コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

装剣金具 そうけんかなぐ

世界大百科事典 第2版の解説

そうけんかなぐ【装剣金具】

刀剣の(こしらえ)(外装)に取り付けられている金具。本来は(把(つか))の頭部,(さや)の合せ鞘尻など損傷しやすい部分を補強・保護するための金具であるが,兵仗と儀仗の別,太刀,太刀と刀,時代の好尚などによって,実用本位のものから装飾性の強いものまでさまざまな作がみられる。一般的に兵仗太刀にみる金具は,兜金(かぶとかね),縁(ふち),(つば),目貫(めぬき),鞘口(さやぐち),足(あし),責(せめ),石突(いしづき)などである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

装剣金具の関連キーワード志水甚五(2代)海野勝【みん】土屋安親海野勝珉加納夏雄後藤徳乗後藤家彫大坂伝蔵林又七彫金刀剣町彫鋤彫

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android