コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋤簾 ジョレン

デジタル大辞泉の解説

じょ‐れん【××簾】

土砂・ごみなどをかき寄せる用具。長い柄の先に、で編んだ(み)、または歯をきざんだ鉄板を取り付けたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょれん【鋤簾】

土砂をかき寄せる用具。長い柄の先に、竹で箕のように編んだもの、または浅い歯をきざんだ鉄板をつけたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鋤簾の関連キーワード宍道湖大和しじみ宍道湖のシジミ漁土砂

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鋤簾の関連情報