コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋸歯状波 きょしじょうはsawtooth wave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鋸歯状波
きょしじょうは
sawtooth wave

のこぎり波。電圧,電流などの特殊な波形の一つ。電圧などが時間とともに直線的に増加し,ある大きさに達すると急激に減少して元の値に戻ることを繰返すような形で変化し,その形状がのこぎりの歯に似ていることからこの名がある。鋸歯状波の発生方法にはコンデンサの充電を利用したもの,ゴートストラップ回路,ミラー積分回路を用いたものなどがある。この波は,電子回路における起動 (トリガ) ,開閉 (ゲート) ,限時,掃引 (スイープ) などに利用され,パルス通信レーダテレビジョン自動制御コンピュータなど広い分野に利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鋸歯状波の関連キーワードブロッキング発振器心房細動・粗動のこぎり波電気振動

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android