コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しころ

百科事典マイペディアの解説

錣【しころ】

錏とも書く。(かぶと)の鉢の左右や後ろにたらし,頸部を守るもの。革や鉄板をつづり合わせて造る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のの言及

【被り物】より

…第1に円形に縫って縁や筒をつけた,主として僧侶や老人のかぶるもの,丸頭巾,角頭巾,炮烙(ほうらく)頭巾など。第2にこれに錣(しころ)と呼ばれる裂を顔の面や耳から後頭部につけたもの。僧侶の用いた錣頭巾,上方の武士や上流の町人の用いた宗十郎頭巾や韮山頭巾など。…

【頭巾】より

…幼児には小型のものを大黒頭巾といって最近までかぶせたという。なお丸頭巾の左右,後方にたれさげて首筋を保護する錣(しころ)とよぶ布をつけたものを錣頭巾,熊坂頭巾とよんだ。また丸頭巾の前面に覆面布をつけた覆面頭巾,気儘(きまま)頭巾,猫頭巾などもある。…

※「錣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

錣の関連キーワード竹本 綱太夫(6代目)竹本 錣太夫(5代目)鶴沢 清六(4代目)竹本綱太夫(6代)玉虫厨子・玉虫廚子阿久津川高一郎シコロサンゴ阿武松緑之助蔵間 龍也八島(能)宗十郎頭巾景清(能)下見板張り梅の由兵衛寺尾由布樹霧島一博火事装束2月2日寺尾常史踏み被る

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

錣の関連情報