コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島直永 なべしま なおのぶ

美術人名辞典の解説

鍋島直永

江戸中期の肥前鹿島藩鍋島家第十代当主。斉直の三男、大風雨で塩田川が溢れ堤塘破壊したため、貧困な者に銀穀を与えて罹災者を救助した。安政元年(1854)歿、42才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島直永 なべしま-なおなが

1813-1855* 江戸時代後期の大名。
文化10年9月29日生まれ。肥前佐賀藩主鍋島斉直(なりなお)の3男。鍋島直彝(なおのり)の養子となり,文政3年肥前鹿島(かしま)藩(佐賀県)藩主鍋島家8代。外国船来航にそなえ長崎の警備を強化した。安政元年12月23日死去。42歳。幼名は学四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鍋島直永の関連キーワード鍋島直彬鍋島直晴

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android