鍋島直賢(読み)なべしま なおさが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島直賢 なべしま-なおさが

1834-1859 江戸時代後期の大名。
天保(てんぽう)5年6月11日生まれ。肥前佐賀藩主鍋島斉直(なりなお)の子。肥前鹿島(かしま)藩(佐賀県)藩主鍋島直晴(なおはる)が急死したため,天保13年9歳で鹿島藩主鍋島家10代となる。藩財政がいきづまったため,本藩佐賀藩の差配役に支配され,嘉永(かえい)元年幕命で隠居させられた。安政6年9月23日死去。26歳。幼名は安次郎。通称は民部

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android