コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍬を抜かす クワヲヌカス

デジタル大辞泉の解説

鍬(くわ)を抜か・す

気抜けがする。茫然(ぼうぜん)とする。
「広々たる千里が竹に迷ひ入る。和藤内ほうど―・し」〈浄・国性爺
足が抜けるほど疲れる。
「おれも―・した。ここでしばらく休まう」〈浄・生玉心中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くわをぬかす【鍬を抜かす】

気が抜ける。茫然ぼうぜんとする。 「千里が竹に迷ひ入、和藤内ほうど-・し/浄瑠璃・国性爺合戦」
足が抜けるほど疲れる。鍬が抜ける。 「さぞ小弁もしんろかろ、おれも-・した/浄瑠璃・生玉心中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鍬を抜かすの関連キーワード国性爺合戦浄瑠璃

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android