コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小弁 しょうべん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小弁 しょうべん

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の歌人。
太政官の左右弁官局の少弁(和名では「すないおおともい」)の職にあった官吏か。「万葉集」に歌がのる春日蔵老(かすがのくらの-おゆ)(僧名は弁基)の子ともいう。
【格言など】高島の阿渡(あと)の水門(みなと)を漕ぎ過ぎて塩津菅浦(しほつすがうら)今か漕ぐらむ(「万葉集」)

小弁 こべん

?-? 平安時代中期の歌人。
後朱雀(ごすざく)天皇の皇女祐子内親王につかえ,内親王家の歌合わせにたびたび出詠。天喜(てんぎ)3年(1055)の「六条斎院物語歌合」に「岩垣沼物語」をつくり,賞賛された。歌は「後拾遺和歌集」以下の勅撰(ちょくせん)集におさめられている。一宮小弁,宮小弁とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小弁の関連キーワードエマニュエル モリミクロネシア連邦鍬を抜かす動脈円錐建春門院威奈大村柳原資衡しんろい約まやか森有礼マレー歌人桑梓詩経

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小弁の関連情報