コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田梁洲 かまた りょうしゅう

1件 の用語解説(鎌田梁洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田梁洲 かまた-りょうしゅう

1813-1875 江戸後期-明治時代の儒者。
文化10年3月21日生まれ。小谷巣松(こたに-そうしょう)にまなぶ。嘉永(かえい)6年(1853)伊賀(いが)(三重県)藤堂家の家老となり,のち訓蒙(きんもう)寮をひらいて子弟を教育した。明治2年津藩校崇広堂(しゅうこうどう)講官,思斎舎教頭に任命された。明治8年4月1日死去。63歳。伊賀出身。名は政挙。字(あざな)は翔甫。通称は外記。著作に「軍書私説」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鎌田梁洲の関連キーワードペグマタイトドゥーフ歌沢虎右衛門杉本ゆりポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎閃長岩輝緑岩真壁騒動

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone