コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田梁洲 かまた りょうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田梁洲 かまた-りょうしゅう

1813-1875 江戸後期-明治時代の儒者。
文化10年3月21日生まれ。小谷巣松(こたに-そうしょう)にまなぶ。嘉永(かえい)6年(1853)伊賀(いが)(三重県)藤堂家の家老となり,のち訓蒙(きんもう)寮をひらいて子弟を教育した。明治2年津藩校崇広堂(しゅうこうどう)講官,思斎舎教頭に任命された。明治8年4月1日死去。63歳。伊賀出身。名は政挙。字(あざな)は翔甫。通称は外記。著作に「軍書私説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鎌田梁洲の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android