コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎚金 ツイキン

デジタル大辞泉の解説

つい‐きん【×鎚金】

金工技法の一。金属を牡型(おがた)に当て、または裏面から鏨(たがね)で打ち出し、表面に模様などを浮き出させること。打ち出し彫。打ち出し。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ついきん【鎚金】

金工技法の一。金属板を加熱し型にあてて鏨たがねで型に打ち込み、模様を浮き出させる方法。打ち出し。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎚金
ついきん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鎚金の言及

【飾師】より

…飾りをおもな仕事とする職人で,飾職ともいった。飾りは錺とも書き,金属加工技術のうちの鎚金(ついきん),鎚起(ついき)のことをいう。金属板を金床に置き金づちでたたいて造形する。…

※「鎚金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎚金の関連キーワード村松万三郎飾師

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎚金の関連情報