コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮南浦 チンナンポ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎮南浦
ちんなんぽ / チンナムポ

北朝鮮、黄海に臨む工業都市、南浦の旧称。1946年に改名。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鎮南浦の言及

【南浦】より

…その後周辺から豊富に産する銅鉱やケイ砂を原料とする製錬,ガラス工業が勃興するようになった。日本植民地時代は鎮南浦と呼ばれたが,独立後1947年に南浦と改称した。その後,貿易港としての役割は失われたが,非鉄金属,造船工業を主とする工業都市として都市化が進んでおり,79年には直轄市とされた。…

※「鎮南浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鎮南浦の関連キーワード日本鉱業[株]郡司 せい長谷川義雄安重根

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android