コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑑真和尚東征伝 がんじんわじょうとうせいでん

百科事典マイペディアの解説

鑑真和尚東征伝【がんじんわじょうとうせいでん】

奈良時代,現存最古の長文漢文伝。《唐大和上東征伝》《鑑真過海大師東征伝》とも。779年,淡海三船(おうみのみふね)(真人元開)が,鑑真の従僧である思託の請により著した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

鑑真和尚東征伝の関連キーワード唐招提寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android