鑑真和尚東征伝(読み)がんじんわじょうとうせいでん

百科事典マイペディアの解説

鑑真和尚東征伝【がんじんわじょうとうせいでん】

奈良時代,現存最古の長文漢文伝。《唐大和上東征伝》《鑑真過海大師東征伝》とも。779年,淡海三船(おうみのみふね)(真人元開)が,鑑真の従僧である思託の請により著した。唐僧鑑真が5度にわたる渡航失敗の苦辛を重ねて,前後12年,6度めでようやく来日し,唐招提寺を開いた事蹟を叙す。唐代の南方諸州の風俗・社会・経済が記されているなどの史料的価値とともに,文学的価値も認められ,以後の高僧伝や往生伝等の漢文伝の先駆的作品として重視される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android