唐大和上東征伝(読み)とうだいわじょうとうせいでん

世界大百科事典 第2版の解説

とうだいわじょうとうせいでん【唐大和上東征伝】

淡海三船(おうみのみふね)(元開)の著。1巻。779年(宝亀10)の成立。《鑑真和尚東征伝》《鑑真過海大師東征伝》《過海大師東征伝》《東征伝》などの別称がある。鑑真に随伴して来日した思託の請により,三船が思託の著した《大唐伝戒師僧名記大和上鑑真伝》(略称《大和上伝》《大和尚伝》)や鑑真の行状を伝聞して完成したもの。前後6回,12年の歳月を費やして達成された波乱万丈の渡航の行歴が美しい筆致で記されているばかりでなく,8世紀中期の唐の諸州,都市の見聞記が収められている点で海外交渉史としてもその価値はきわめて高い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうだいわじょうとうせいでん【唐大和上東征伝】

一巻。779年、淡海三船著。苦難の末に果たされた日本渡来の経緯を中心に、鑑真がんじんの伝記を記したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とうだいわじょうとうせいでん タウダイワジャウトウセイデン【唐大和上東征伝】

奈良時代の仏教書。一巻。淡海三船(元開)撰。宝亀一〇年(七七九)成立。中国唐代の僧鑑真和上が、渡航して日本に来る旅行記を中心に書いた伝記。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android