コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐大和上東征伝 とうだいわじょうとうせいでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐大和上東征伝
とうだいわじょうとうせいでん

鑑真の渡来顛末を記した書。宝亀 10 (779) 年,淡海三船作。1巻。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうだいわじょうとうせいでん〔タウダイワジヤウトウセイデン〕【唐大和上東征伝】

唐僧鑑真(がんじん)の伝記。1巻。淡海三船(おうみのみふね)著。宝亀10年(779)成立。鑑真の出自や出家から六度目にようやく渡日に成功して日本に戒律を伝えた経緯、唐招提寺の縁起を述べる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうだいわじょうとうせいでん【唐大和上東征伝】

淡海三船(おうみのみふね)(元開)の著。1巻。779年(宝亀10)の成立。《鑑真和尚東征伝》《鑑真過海大師東征伝》《過海大師東征伝》《東征伝》などの別称がある。鑑真に随伴して来日した思託の請により,三船が思託の著した《大唐伝戒師僧名記大和上鑑真伝》(略称《大和上伝》《大和尚伝》)や鑑真の行状を伝聞して完成したもの。前後6回,12年の歳月を費やして達成された波乱万丈の渡航の行歴が美しい筆致で記されているばかりでなく,8世紀中期の唐の諸州,都市の見聞記が収められている点で海外交渉史としてもその価値はきわめて高い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうだいわじょうとうせいでん【唐大和上東征伝】

一巻。779年、淡海三船著。苦難の末に果たされた日本渡来の経緯を中心に、鑑真がんじんの伝記を記したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

唐大和上東征伝の関連キーワード南島(南西諸島地域)沖縄(県)藤原刷雄石上宅嗣遣唐使長屋王漢文学沖縄島沖縄琉球栄叡如宝

唐大和上東征伝の関連情報