コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思託 したく

3件 の用語解説(思託の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

思託 したく

?-? 唐(とう)(中国)の僧。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)5年(753)師の鑑真(がんじん)とともに来日。師をたすけて戒律の普及につとめ,唐招提寺の建立にもつくす。鑑真の伝記「大唐伝戒師僧名記大和上鑑真伝」や日本最初の僧伝「延暦僧録」をあらわした。沂州(ぎしゅう)出身。俗姓は王。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

思託

生年:生没年不詳
奈良時代の律宗の渡来僧。唐の沂州の出身で俗姓王氏。鑑真に師事して律・天台を受学し,鑑真に従い苦難の末に天平勝宝6(754)年正月に来日。師を助けて戒律の弘宣に努め,唐招提寺の建立にも尽力した。師の功をのちに伝えるため鑑真の伝記を著し,また日本最初の僧伝である『延暦僧録』10巻を著したことで有名である。<著作>『大唐伝戒師僧名記大和上鑑真伝』3巻<参考文献>『日本高僧伝要文抄』3巻,義澄『招提千歳伝記』中,蔵中進「思託―渡来僧の生涯と文学―」(『唐大和上東征伝の研究』)

(佐伯昌紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

したく【思託】

奈良・平安初期の律・天台兼学の僧。生没年不詳。鑑真の門人。唐の沂州の人。俗姓王氏。開元寺に住し,のち天台山に入り,玄宗の勅により仏門に入り,鑑真より受戒,律・天台を学んだ。鑑真が日本渡航をくわだてた当初から行動を共にし,754年(天平勝宝6)2月に平城京に入り,東大寺客坊に身を寄せた。同年4月の聖武上皇などの授戒にも鑑真をたすけてことに当たり,戒壇院における授戒にも従事した。ことに旧戒を堅守した僧に四分律の本旨を説き,唐僧道璿(どうせん)の依頼をうけて大安寺唐院で忍基らのために律を講じ,平城右京の新田部親王(?‐735)旧宅に唐招提寺を創建するにあたって,普照とともに鑑真にすすめ,鑑真の唐招提寺移住に従って同寺に移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の思託の言及

【延暦僧録】より

…鑑真に従って来た唐僧思託の著した僧伝。788年(延暦7)の撰述で,本文5巻,目録1巻。…

※「思託」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

思託の関連情報