苦辛(読み)くしん

精選版 日本国語大辞典「苦辛」の解説

く‐しん【苦辛】

〘名〙
① (━する) ひどく苦しむこと。苦。
※正法眼蔵(1231‐53)諸悪莫作「いたづらに苦辛するに相似せりといへども」 〔杜甫‐寄三郎中璩詩〕
② にがさとからさ。
※太平記(14C後)三三「面五尺の折敷に〈五味の魚鳥、甘酸、苦辛(クシン)の菓子共」
③ 植物「くらら(苦参)」の古名。
※尺素往来(1439‐64)「姜。厚朴。苦辛。茯苓。〈略〉等之和薬者、御所持之間不之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「苦辛」の解説

く‐しん【苦辛】

[名](スル)
ひどく苦しむこと。辛苦。
平生の―はこれによりて全く排せられ畢ぬ」〈鴎外訳・即興詩人
にがさとからさ。
「甘酸―の菓子ども」〈太平記・三三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「苦辛」の解説

【苦辛】くしん

苦労する。〔文選、古詩十九首、四〕何ぞ高足を策(すす)めて 先づ路の津(わたし)(仕宦要職)に據らざる 窮賤を守るを爲すこと無(なか)れ 轗軻(かんか)(不遇)長く辛せん

字通「苦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android