コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井彬 ながい あきら

1件 の用語解説(長井彬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井彬 ながい-あきら

1924-2002 昭和後期-平成時代の推理作家。
大正13年11月18日生まれ。昭和54年毎日新聞社定年退職し,文筆に専念する。56年原子力発電所での殺人をえがいた「原子炉の蟹」で江戸川乱歩賞。史上最年長受賞で話題となった。和歌山県出身。平成14年5月25日死去。77歳。東大卒。作品はほかに山岳ミステリー北アルプス殺人組曲」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長井彬の関連キーワード科学技術ムン ソリ高校野球父を売る子フランス映画現職教育国民宿舎島うたロナウドオリンピック

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone