コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井氏 ながいうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ながいうじ【長井氏】

大江広元の第2子時広を始祖とする鎌倉幕府の有力御家人。時広は1218年(建保6)ころ鎌倉に下り,幕府に仕えて長井を称した。時広の長子泰秀の一流は,執権北条氏の信任を得,泰秀,宗秀,貞広,貞秀が関東評定衆に補任されている。第2子泰重の一流も泰重,頼重,貞重が六波羅評定衆に補任され,また備前,備後の守護職に補されている。かくして長井氏は関東譜代の重臣と称される勢力者となり,東大寺領美濃国茜部(あかなべ)荘地頭職をはじめとして多くの所領を有した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の長井氏の言及

【備後国】より

…守護は実平ののち1223年(貞応2)長井時広の在任が知られ,鎌倉末までその庶流泰重の系統に相伝された。長井氏は23年小童保(しちのほ)地頭職を得たほかに,田総(たぶさ)荘,長和(ながわ)荘,信敷荘西方に所領を得た。守護職を相伝した系統は六波羅評定衆を兼ね,在京した。…

※「長井氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

長井氏の関連キーワード後藤庄三郎長井[市]米沢(市)岐阜(県)米沢[市]斎藤道三長谷堂城長井時広長井貞頼長井時秀長井貞縁大江広元米沢城御嶽城茜部荘長井市備前国岐阜城初沢城備後国

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長井氏の関連情報