コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井貞頼 ながい さだより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井貞頼 ながい-さだより

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
長井貞重の弟。備後(びんご)(広島県)の守護長井氏の一族で,元徳元年(1329)から長和(ながわの)荘の西北部を領した。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年足利尊氏のもとで鎌倉幕府打倒にくわわり,建武(けんむ)の新政の崩壊後も足利方に属した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長井貞頼の関連キーワード南北朝時代長井貞重長井宗衡