長井貞頼(読み)ながい さだより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井貞頼 ながい-さだより

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
長井貞重の弟。備後(びんご)(広島県)の守護長井氏の一族で,元徳元年(1329)から長和(ながわの)荘の西北部を領した。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年足利尊氏のもとで鎌倉幕府打倒にくわわり,建武(けんむ)の新政の崩壊後も足利方に属した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android