コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井貞重 ながい さだしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井貞重 ながい-さだしげ

?-1331 鎌倉時代の武将。
長井泰重の孫。幕府御家人。父長井頼重から六波羅評定衆,備後(びんご)(広島県)の守護職(しき)をつぎ,京都にすんだ。文保(ぶんぽ)2年(1318)六波羅の使者として公武の折衝役もつとめる。元徳3=元弘(げんこう)元年2月12日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android