コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長利 ちょうり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長利 ちょうり

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族,僧。
黒売刀自(くろめとじ)の子。上野(こうずけ)(群馬県)放光寺(定額(じょうがく)寺のひとつ)の天武天皇10年(681)山ノ上碑(高崎市)をつくり,建守命(たけもりのみこと)の孫だった母の菩提をとむらう。碑には,父は新川臣(にっかわのおみ)の出身で大児臣(おおごのおみ)の一族のひとりとある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長利の関連キーワード堆朱楊成(13代)山上碑及び古墳モノドラマ佐久間柳居下沢保躬竹垣直温黒売刀自上野三碑一人芝居あすか高橋豊受胎豪族

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android