コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長利 ちょうり

1件 の用語解説(長利の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長利 ちょうり

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族,僧。
黒売刀自(くろめとじ)の子。上野(こうずけ)(群馬県)放光寺(定額(じょうがく)寺のひとつ)の僧。天武天皇10年(681)山ノ上碑(高崎市)をつくり,建守命(たけもりのみこと)の孫だった母の菩提をとむらう。碑には,父は新川臣(にっかわのおみ)の出身で大児臣(おおごのおみ)の一族のひとりとある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

長利の関連キーワード飛鳥井宋世飛鳥井頼孝飛鳥飛鳥時代飛鳥井流飛鳥京飛鳥京跡飛鳥宮跡飛鳥井曾衣鏡王

長利の関連情報