コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾四郎右衛門(読み)ながお しろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾四郎右衛門 ながお-しろうえもん

1854-1911 明治時代の公共事業家。
嘉永(かえい)7年2月26日生まれ。明治22年生地の宮城県生出(おいで)村(仙台市)の初代村長となり,養蚕植林を奨励して産業をおこし,教育に力をそそぐ。33年静岡県稲取村,千葉県湊村とともに模範村として表彰された。明治44年9月16日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android