コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾宜子 ながお よりこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾宜子 ながお-よりこ

1946-1998 昭和後期-平成時代の建築家。
昭和21年2月3日生まれ。入江三宅設計事務所などをへて昭和59年山宜設計を設立し,代表取締役。東京のラフォーレ原宿,アークヒルズ,ホテル日航東京などを設計。10回のがん手術をうけ,平成9年「燃えるがごとく,癌細胞を焼きつくす」を刊行。平成10年7月5日死去。52歳。福岡県出身。武蔵野美大卒。本名は海老根宜子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長尾宜子の関連キーワード建築家

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android