コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾真 ながお まこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾真 ながお-まこと

1936- 昭和後期-平成時代の情報工学者。
昭和11年10月4日生まれ。48年京大教授となり,平成9年学長。人工知能の研究で知られ,コンピューターによる機械翻訳システムやバイオメトリックス(生体認証)などを開発した。16年情報通信研究機構初代理事長。17年情報・メディア技術分野で日本国際賞。19年国立国会図書館長。20年文化功労者。三重県出身。京大卒。著作に「パターン情報処理」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長尾真の関連キーワードマルチメディア電子図書館真海(2)映画保存電子納本X21

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長尾真の関連情報