コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長屋王邸宅跡 ながやおうていたくあと

2件 の用語解説(長屋王邸宅跡の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ながやおうていたくあと【長屋王邸宅跡】

奈良市二条大路南にある奈良時代の邸跡。平城京左京三条二坊にあたり、建物址・井戸・木簡・三彩陶器が出土。長屋親王宮と記された木簡によって、長屋王の豊かな経済力が確認された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

ながやおうていたくあと【長屋王邸宅跡】


奈良県奈良市二条大路南にある邸宅跡。平城宮の東南角に隣接し、二条大路に面し、南は曲水苑池の庭である平城京の左京三条二坊宮跡庭園と向かいあっている。長屋王奈良時代初めの皇族(皇親)で、平城京遷都以後、政界の中心だった右大臣藤原不比等(ふひと)が死ぬと、皇親の代表として主導者となり権勢を誇った。しかし不比等の子、藤原4兄弟と対立し、729年(神亀6)、国家を倒そうとしているとの密告があり、藤原宇合(うまかい)らに邸宅を包囲され、自害に追い込まれた(長屋王の変)。1986年(昭和61)からデパート建設予定地で発掘調査が行われ、1988年(昭和63)に地下2mのところで幅約3m、長さ28mの溝が発掘され、その底から4万点に及ぶ木簡が出土した。その中から「長屋親王」の文字が入った木簡が発見され、長屋王の邸宅跡であることが判明した。邸宅は総面積約6万m2平城宮跡資料館に邸宅の復元模型が展示されており、木簡からは一家の豪奢な生活がうかがえる。現在は、イトーヨーカドー奈良店の下に埋め戻され、記念碑だけが立っている。近畿日本鉄道奈良線新大宮駅から徒歩約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

長屋王邸宅跡の関連キーワード奈良県奈良市三条大路奈良県奈良市三条大宮町奈良県奈良市四条大路奈良県奈良市四条大路南町奈良県奈良市二条大路南奈良県奈良市二条町奈良県奈良市二名奈良県奈良市二名町奈良県奈良市二名平野奈良県奈良市脇戸町

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone