コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇親 コウシン

世界大百科事典内の皇親の言及

【王】より

…やがて〈天皇〉の称号が成立すると,天皇の子を皇子・皇女,孫以下を王・女王と称したらしい。そして大宝令で,天皇の兄弟姉妹および皇子・皇女を親王・内親王,皇孫すなわち2世以下5世までを王・女王と称し,親王以下4世王までを皇親と定めた。皇親の範囲は,706年(慶雲3)の格によって5世王までに拡大されたが,798年(延暦17)には令制に復している。…

【皇族】より

…ただしその範囲は明治以前と以後で大きな差異がある。
[明治以前]
 〈皇族〉の語はすでに《続日本紀》に見えるが,明治以前はその用例は少なく,大宝令において定められた〈皇親〉の語が皇族を指す用語となった。令制以前の皇族の称呼を検すると,《古事記》では皇族は男女ともに〈王〉と称するのを通例とし,《日本書紀》では〈王〉のほかに,天皇の子女を〈皇子〉〈皇女〉と呼んで区別しているが,もちろん天皇号成立以後の新しい用語であろう。…

※「皇親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

皇親の関連キーワード長屋王邸宅跡知太政官事秋季皇霊祭春季皇霊祭皇親政治樹下茂国八色の姓大原桜井藤原房前貞成親王嵯峨源氏当麻山背舎人親王長屋王高坂王正親司皇太子奨学院立太子神漏岐

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android