コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長岡菜

デジタル大辞泉プラスの解説

長岡菜

新潟県長岡市で生産される葉物野菜。漬け菜の一種。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

長岡菜[葉茎菜類]
ながおかな

北陸甲信越地方、新潟県の地域ブランド。
主に長岡市で生産されている。古くから栽培されており、体菜小松菜野沢菜と交雑したものと推定。在来の姫菜のなかから選抜固定化し育成された。主として漬物に加工。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の長岡菜の言及

【タイサイ(体菜)】より

…代表的な品種として葉や葉柄が長く,多肉で葉柄の純白な〈雪白タイサイ〉があり,また長崎には大型になる〈二貫目タイサイ〉がある。そのほか地方的な品種も多く,新潟の〈長岡菜〉や山形の〈雪菜〉もタイサイ類に含まれる。栽培は雪の多い北陸,東北,北海道などや中部以西の地域に多い。…

※「長岡菜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

長岡菜の関連キーワードタイサイ(体菜)新潟県長岡市かぶのとう

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android