長島圭一郎(読み)ながしま けいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長島圭一郎 ながしま-けいいちろう

1982- 平成時代のスピードスケート選手。
昭和57年4月20日生まれ。平成13年池田高3年時のインターハイ1000mで優勝。16年ユニバーシアード500mで優勝。日大卒業後は三協精機製作所(現・日本電産サンキョー)に入社。17年全日本スプリント選手権大会で総合優勝。18年トリノ冬季五輪は500m,1000mに出場。同年の全日本スピードスケート距離別選手権では500m・1000mの2冠を獲得。同年ワールドカップ(W杯)ヘーレンフェイン大会500mでW杯初優勝。21年世界スプリント選手権では総合2位。22年バンクーバー冬季五輪では500mで銀メダルを獲得。25年W杯ソルトレークシティ,W杯アスタナで優勝し,26年ソチ冬季五輪代表となり,500mで6位入賞。27年現役引退。北海道出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長島圭一郎の関連情報