長崎凧とビードロよま(読み)ながさきはたとびーどろよま

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

長崎凧とビードロよま[人形・玩具]
ながさきはたとびーどろよま

九州・沖縄地方、長崎県の地域ブランド。
長崎市で製作されている。長崎ではの事をハタと呼ぶ。二本の竹ひごを湯葉というアサヒモでつなぎ、色とりどりのデザインの和紙を張ってできている。異国情緒豊かな長崎のハタは愛好家が多く、いまなお根強い人気がある。長崎のハタ揚げは喧嘩バタ。凧糸ビードロよまと呼ぶガラスの粉末をつけ、相手の凧糸を切る。春には年中行事としてはハタ揚げ大会もおこなわれる。長崎県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android