コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長期公社債投資信託 チョウキコウシャサイトウシシンタク

デジタル大辞泉の解説

ちょうきこうしゃさい‐とうししんたく〔チヤウキコウシヤサイ‐〕【長期公社債投資信託】

公社債投資信託

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

投資信託の用語集の解説

長期公社債投資信託


追加型の公社債投資信託で主として国内の中期または長期の公社債を投資対象として運用される投資信託のこと。毎月募集/設定があり「公社債投資信託」と称される。 分配金は年1回支払われ、そのまま受け取ることも、元金に再投資することもできる(1年複利)。 解約時には元金1万円につき一定の解約手数料が差し引かれる。

出典|(社)投資信託協会投資信託の用語集について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android