長松英一(読み)ながまつ ひでかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長松英一 ながまつ-ひでかず

1892-1953 大正-昭和時代の解剖学者。
明治25年6月21日生まれ。ヨーロッパに留学後,昭和6年名古屋医大(現名大)教授。軟骨腫のもととなる硝子軟骨の研究で知られた。昭和28年11月26日死去。61歳。東京出身。愛知県立医専卒。著作に「横観人体解剖模型図譜」「愛の人ベートーヴェン」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる