コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長瀬勝男一 ながせ まさおいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長瀬勝男一 ながせ-まさおいち

?-1894/1907 幕末-明治時代の平曲家,箏曲(そうきょく)家。
平曲を麻岡検校(けんぎょう)に,箏曲を鈴川検校にまなぶ。中能島松声(しょうせい)らに協力して「磯千鳥」「四季の眺」などの地歌を山田流箏曲にうつし,「五段」「七段」に雲井調子の替手(かえで)もつけた。尺八にもすぐれた。明治27/40年死去。江戸出身。名は勝雄一ともかく。作品に「春の調」「蝶の夢」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長瀬勝男一の関連キーワード日清戦争新派劇リーケの原理日清戦争ロシア映画下村観山イギリス映画音楽教育ルーマニア文学複成片麻岩内褶曲

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone