コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長瀬勝男一 ながせ まさおいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長瀬勝男一 ながせ-まさおいち

?-1894/1907 幕末-明治時代の平曲家,箏曲(そうきょく)家。
平曲を麻岡検校(けんぎょう)に,箏曲を鈴川検校にまなぶ。中能島松声(しょうせい)らに協力して「磯千鳥」「四季の眺」などの地歌を山田流箏曲にうつし,「五段」「七段」に雲井調子替手(かえで)もつけた。尺八にもすぐれた。明治27/40年死去。江戸出身。名は勝雄一ともかく。作品に「春の調」「蝶の夢」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長瀬勝男一の関連キーワード白勢検校松本操貞腕崎検校明治時代都の春勝男一松風平曲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android