コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長焉 ちょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長焉 ちょうえん

?-? 新羅(しらぎ)(朝鮮)の商人。
大宰府管内にすみ交易従事貞観(じょうがん)11年(869)新羅船による朝貢用綿略奪の嫌疑で逮捕されたが放免となり,翌年潤清ら9人とともに陸奥(むつ)におくられ,瓦造りの技術指導をおこなった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長焉の関連キーワード商人新羅

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android