コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野熊之丞 ながの くまのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長野熊之丞 ながの-くまのじょう

1842-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)13年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。文久2年脱藩して尊攘(そんじょう)運動にくわわる。3年下関での外国船砲撃に参加,奇兵隊にはいる。のち生野(いくの)の挙兵にくわわるが幕府軍に敗れ,同年10月14日妙見山(みょうけんさん)で自刃(じじん)。22歳。名は政明。通称はのち衛介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長野熊之丞の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)紀行文学ホーソンブルーススネルマン中島名左衛門