コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉じ込め症候群 とじこめしょうこうぐんlocked-in syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閉じ込め症候群
とじこめしょうこうぐん
locked-in syndrome

意識がはっきりしているにもかかわらず,四肢がまひし,顔面も動かすことができず目の動きによってしか意思の疎通ができない状態。脳幹のうちでも橋の腹側部が障害されると起こる。 F.プランが 1966年に命名した。 A.デュマ著『モンテクリスト伯』や W.マイリッシュの推理小説『じっと見ている目』 (The Case of Talking eyes) などには,この病態の人物が登場する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android