コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳幹 のうかんbrain stem

翻訳|brain stem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳幹
のうかん
brain stem

脳の幹をなす部分という意味で,一般に間脳中脳延髄で構成されている。脳幹には,左右の大脳半球脊髄を結ぶ上行性および下行性連絡路,多数の脳神経核,生存のための基礎的反射中枢の多く (血圧,心拍,呼吸,姿勢などの反射) が存在する。さらに,意識の適正な持続に関与する網様体が脳幹の全レベルに存在する。そのため,この部に直接的障害 (脳幹部腫瘍や血管性病変) とか,間接的障害 (遠隔病変部の圧迫による脳かんとんなど) があると,意識障害を起し,生命に直接危険が及ぶ。脳幹に不可逆性の機能喪失が起ると,大脳もその機能を保持できなくなる。イギリスではこの脳幹死をもって人間の死としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

脳幹【のうかん】

脳のうちで大脳半球と小脳を除いた部分。間脳中脳(きょう),延髄を合わせて呼び,多くは大脳核もこれに加える。灰白質,白質が入りまじって複雑な構造を示し,大脳半球と脊髄の中間を占めて両者の連絡路となるとともに,高次の自律的な諸機能の中枢をなす。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

脳幹

 中脳,橋(きょう),延髄を合わせていう.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のうかん【脳幹 brain stem】

ヒトを含む哺乳類の脳は大きく分けて,終脳(大脳半球),間脳,中脳,橋(きよう),小脳,延髄の各部分からできていて,延髄はさらに下方の脊髄に続く。このうち終脳,間脳,中脳の三つの部分を合わせて大脳と呼び,大脳半球と脊髄を結合する部分は脳の幹部にあたるところから脳幹と呼ばれる。すなわち脳幹は大脳核(大脳基底核),間脳,中脳,橋,延髄の部分をさすが,一般には狭義に用いて,小脳を除く中脳から延髄までの部分をさすことが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のうかん【脳幹】

脳のうち、大脳半球と小脳をのぞく部分。延髄・橋・中脳・間脳をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脳幹
のうかん

脊髄(せきずい)と大脳半球とを連絡し、大脳半球の幹(みき)にあたる部分。脳幹には、脊髄に続く延髄、橋(きょう)(後脳のうち、小脳を除外した部分)、中脳、間脳、大脳核が含まれる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

脳幹の関連キーワードブロムジエチルアセチル尿素上位運動ニューロン下位運動ニューロン閉じ込め症候群ウシ海綿状脳症脳死と植物状態遷延性意識障害運動ニューロン脊髄小脳変性症法的脳死判定ピラビタールメフェネシン聴神経腫瘍布施現之助脳幹網様体回転性目眩小脳失調症運動麻痺グリシン心臓中枢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脳幹の関連情報